主に岩登り+建築+旅
T田さん、ハットリー、S兄貴と共に初湯川へ。
駐車スペースが数台と書いてあったんで不安だったけど何とか停めれて一安心。
岩自体は横に長く甲府幕岩っぽい印象。
そしてトポに載ってないクラックも多くかなりの数に驚いた。
まさにクラック練習にはもってこいの岩場ですな〜。
課題を把握するのに時間かかったけど居合わせた方々に聞き
先ずは1番奥の課題からトライした。
台湾坊主FL、フォーサイトOS、デンゲナーFLの順に登った。
IMG_1021_convert_20180618201818.jpg
↑フォーサイト

S兄貴は初岩リードでクラックという…何だか申し訳なかったのだけど、
楽しんで⁉︎苦しんで⁉︎くれたようで良かった。
IMG_1017_convert_20180618201757.jpg
↑コークスクリューのS兄貴

その後空いていたテレポーテーションをトライするもOS出来ず…orz
最後のフィンガーでムーブ出てこなかった…。
日当たり良く暑かったのもあるけど途中テラスでレストできるが故に集中力が切れてしまった。
ようは気持ちで負けてしまったということです。
登り続けていく以上ずっとテーマでもある、メンタルコントロールがうまく出来なかった。

その後気持ち切り替えてサイコキネシスをOS。
途中セットに手間取りドパンプしてたけど何とか耐えて登った。
IMG_1024_convert_20180618201837.jpg
↑サイコキネシス 
上部オフウィズスは快適だった。
今現在の自分の実力でOSギリギリの課題だったと思う。
このトライで出し切った感はあったけどラストにもう一度テレポーテーション。
最終局面までいくも指が開きに開き、敗退。指力、ノコッテナカタ…。

白髪鬼や燈明を見たかったのもあって来たんだけど
遠くからサラッと眺めるだけでした。
自分にはまだこの課題を目標にする事やトライする資格もない。
経験積んで戻ってきた時、
この壁を見てどう感じるかが楽しみでもあります。


スポンサーサイト
最近は意図してクラックしかやらなかった。
いつだかの平日、エッジ組に混ぜてもらい小川山へ。
兄岩周辺のクラックを手当り次第トライした。
優しい課題でも色々得るものが多かった。
印象に残ってるのはナツコのナッツ。
クラックは下部だけど上部のフェイスにも核心があって満たされた。

瑞牆では屏風岩周辺で色々登った。
四つ星のよろめきクラックは余裕をもってOS出来たしワイドは少しずつ成長してるようだ。
IMG_0980_convert_20180610154231.jpg
↑よろめきクラック

不動沢愛好会ルートや黄河も充実の内容でした。
IMG_0979_convert_20180610154214.jpg
↑不動沢愛好会ルートの2P目のチムニーをフォローで登ってくる釈迦秋

そして〆はワイドクライマー返し。
この課題はなんというか、人のトライを見るにも最高な場所にある。
ワイドクラックの世界で名を轟かせてる2人とのセッションはトークも含め刺激的だった。
IMG_0989_convert_20180610154248.jpg

IMG_0992_convert_20180610154312.jpg
↑OSトライのO野さん。

自分は通算3トライ目にRPは出来たけど、
次回は足先行と腹這いムーブを習得するべく納得するまで今後もトライしたい課題である。
IMG_0994_convert_20180610154349.jpg
↑ここからトップアウトまでが本当にシンドイ・・・

ワイドは一見、何となくなムーブでも出来そうだけど
しっかりとした基礎が必要であるなと。
ルートが長ければ雑だとボディーブローのように効いて最後は吐き気がする程だ。
そして心拍数がはね上がった状態、
すなわち酸欠状態で冷静に状況判断しなければいけない。
ギアの運び方などムーブ以外の所作がスムーズに出来ることもとても重要だ。
まぁ何がって、圧倒的に経験値が足りないということ。
とにかく数をこなし秋シーズンに難しい課題をチャレンジする為にレベルアップしたい。
今は課題に対するというより自分の不甲斐無さがモチベーションとなっている。
何だか懐しい感覚なんだなぁ〜




先々週はT田さんと先週はI川くんと瑞牆
しじま谷通い。
龍脈門5.13aを登りたくて通っていたわけで。
核心はパンプした状態で三級くらいのリーチーな課題をこなす感じ。
最終ピンから上の背骨みたいなダイクは持てるんだけどスタンスとのバランスがあまり良くないんでパンプ状態だと苦しい。けっこうランナウトするんで最後まで気が抜けないといった感じ。
IMG_0908_2_convert_20180516065905.jpg
結果通算7トライ目でRP。
持久力の無さを痛感。
もっと少ないトライで登りきる力をつけないと厳しいマルチは全く歯が立たないだろうな…。
基礎体力から鍛えないとだ。
他にもクラックを何本か登ったけど、心残りは濡れていて落葉5.12b Rをトライ出来なかったこと。
Rの付く課題は先ず落葉からチャレンジしてみようと思う。他印象に残っている課題としては
やめられません5.10d。
IMG_0896_convert_20180516065833.jpg
後一手踏ん張っていたらOS出来たのに諦めてしまった自分がいた。
マジで情けない…。
岩檜はスタートからクラックに入るまでが悪く5.10aにしたらめちゃ悪かった。
ガバが欠けてるのとトポには最初は木登りしてプロテクションを取ると書いてあるけど、その木の根が浮き上がり離れてしまったようだ。良い位置にプロテクションを取れないんでクラックに入るまではグラウンドフォールに気をつけなければいけない。ある意味それが緊張感になって良いスパイスだった。
IMG_0912_convert_20180516065925.jpg
↑岩檜をトライするI川君
あとはリピートしたりしてゆったり登った。
今シーズンはリード通いをガンガンしたいんだか、パートナーがなかなか見つからない。
今度ソロシステムも試してみようと思う。

RP inしじま谷
チビ檜OS
岩檜クラックFL
トラベルチャンス(ワイド)OS
初豆FL
やめられません2try
龍脈門


3日朝10時に下呂のホットスポットGS(COSMO)に集合し岩周辺の清掃活動を実施。
メンバーは「ヒダイワinfo 」の4人。
(*ヒダイワinfoとは最後に記す↓)

五右衛門岩から順に南下して回った。
途中、岩探しもしながら。
過去に見たことある岩に可能性を感じたり
IMG_0861_convert_20180504094924.jpg
写真じゃ伝わらないけど140°はあるかな〜

IMG_0868_convert_20180504195209.jpg
思わぬところに立派な滝を発見したり

最後にワールドロック周辺を掃除。
IMG_0867_convert_20180504095001.jpg
なかなかの量を収穫し今回の清掃活動は終了。
みんなで近くのお店(つりがね園)で昼食。
ここでもう1人合流し5人で岩散策。
小さいけどいくつか面白そうなのを発見したり
IMG_0862_convert_20180504094946.jpg
unnewtoですでに開拓された岩を見たり
ヒルに血を吸われまくったりして解散。
なかなか充実した日でした。

*ヒダイワinfoについて
今年2月に正式に結成しこれまで3回ほど会合をしてきた。
岩登りをしている岐阜飛騨在住のクライマーで構成していて現在7名である。
エリアとして最も知名度が高いのはゲロックでしょう。
その他飛騨全域にはいくつも岩場があり
今後一大エリアになり得る岩場も存在する。
私たち以外に、水面下で動いてくれている方もいる。
それぞれの立場で一生懸命地元をより良くしようと活動しています。
今回この会を結成することになったのはゲロックで起きたある件がキッカケである事だけは記しておきたい。
地元で岩登りを永続的に楽しむために
そして守りたい岩場があるならば何か行動しようとこの度結成した次第です。

今後の活動は主として開拓と情報発信と地元とコミュニケーションをとる事である。
その行動は岩を財産だと思う気持ちのみで
一時的な活動ではなく継続的に取り組む有志であります。
詳細については今後何かで発信する予定ではいます。

一つ言えることはヒダイワinfoは地元だからといって特別な権力を持つつもりはない。
ただ岩登りが好きな誰もが楽しめる岩場を実現することを考えて行動するということ。
大した事は出来ないかもしれないけれど微力ながら何か出来たらという思いです。
少しでも賛同していただける方がいたら幸いですm(__)m

久しぶりの釈迦秋とリードで瑞牆へ。
しじま谷というエリアに向かう。
途中ボルダーが転がり高難度のカッコいい課題もあった。
ボルダーはまた別の機会にやりたいなー。
少々迷いながらも無事到着。
先ずチビ檜5.10aを登った。
程よい感じでアップ完了。
そしてワイドクラックのトラベルチャンス5.10aをトライした。
なかなかの威圧感にビビりながらも何とかOS。
IMG_0854_convert_20180504094859.jpg
満たされたー。
岩の形状や条件が重なったからなのか
心拍数が上がり心臓の鼓動が岩に伝わって音として空間に響く。
そんな不思議な体験をした。
時より不規則になる音。
不整脈(持病だけど大丈夫らしい)がリズムを崩し不安になったけど
何だか岩と調和してるようで心地良かった。
その後はボルトルートの龍脈門5.13aをトライ。
縦に伸びたダイクが美しく登攀意欲が湧いた。
中間部で行き詰まりオンサイトトライは終了。
チョーク痕もなく使い所やムーブ作るのに時間がかかったけどその分充実していて楽しかった。
何とかバラして上まで抜けたけど核心は精度が悪い。
2トライ目は中間部で指開き3トライ目はダメダメだった。
最近ジムで全く登ってないしほんと持久力が乏しい…orz
忘れないうちにリベンジしたい。

この夏はジム通いしなきゃだなー。
って毎年言ってる気がする。
この夏は新しい試みもして秋に向けてカラダをつくろうと決意した日となりました。


Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 あしたやろーはバカヤロー all rights reserved.
プロフィール

&

Author:&
2008年ボルダリング開始。
(途中1年間休止)
当時近隣に商業ジムはなく瓢育ち。

サッカーに夢中な小中高の10年。その後スノーボードに明け暮れた10年。そして岩に夢中な現在。ボルダリング歴たぶん5年。(ブログ開始時)過去のデーターからいうとあと5年くらいか…。次はビックウォールに移行予定…。

訪れた岩場
瓢、恵那笠置、下呂、馬瀬、豊田、三重宮川、三重一之瀬、御岳、カノト、小川山、瑞牆、白州、京都笠置、鳳来、屋久島、鹿児島金峰山、四国、坊抱、甲府幕岩、フォンテーヌブロー、ビショップ、その他ローカルエリアetc...

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示