主に岩登り+建築+旅
日曜日、サエキ兄貴と笠ヶ岳へ。
栃尾で待ち合わせ深山荘前の登山者無料駐車場へ。
怪しい雲行きだからか空いていた。4時55分駐車場出発。
林道を進み笠新道入口6時通過。
北アルプス三大急登と言われる笠新道。
急登はそれなりにキツイが思ったより歩きやすかった。
覚悟していったのもあるし
曇天で気温が低かったのも体力的には助かったのかも。
途中は兄貴に一気に置いてかれた。
法面で鍛えた脚力か、もしくはあれの効果ってやつかもしれない…´д` ;
杓子平で一瞬だけ抜戸の稜線が見えた。
IMG_4505_convert_20150721175711.jpg
その前にも後にも景色は全く見えずずーっと真っ白だった囧rz
IMG_4508_convert_20150721175741.jpg
山荘直下の残雪トラバース。
転けたら…ですね。
辛うじて雨は降ってこない感じで山頂には10時30分登頂。
IMG_4509_convert_20150721175804.jpg
何も見えないのですぐに下り山荘で昼食。
下山を小池新道で行こうか迷ってスタッフさんに色々聞いたら
秩父平に一箇所残雪をトラバースする所がアイゼン無しでは危ないと言われた。
まぁ景色も見えんしその案は即却下。
でゆっくり山荘で過ごし12時出発。
タイミング良くか悪くか雨降ってきた…。
途中抜戸岳山頂に寄った。
雨足は強くなり杓子平までの登山道は川になった…。
樹林帯に入ってからも雨で滑るし
カッパは濡れて機能果たさないし装備の不備を痛感。
でも新調したポールは大活躍だった。
おかげで先週の飛越新道下りよりは楽だった。
笠新道入口に16時20分着。
新穂高までの林道は惰性で進み、体がキンキンに冷えた。
帰りは栃尾の無料温泉(志200円)で温まって〆。
兄貴の背中を見た先客のオヤジ達は一瞬凍りついたのはココだけの話´д` ;

景色が全く見えない雨の登山はなかなかキツかったが
今思い返せば真っ白な世界もそう悪くはないなと。
そして脚力的には余力を残せたので、次に繋がる山行きでした。

次の日、友達家族と海に行った。
IMG_4513_convert_20150721175826.jpg
前日とはうってかわって快晴。
焦げてスンゴイツカレタ。  




スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 あしたやろーはバカヤロー all rights reserved.
プロフィール

&

Author:&
2008年ボルダリング開始。
(途中1年間休止)
当時近隣に商業ジムはなく瓢育ち。

サッカーに夢中な小中高の10年。その後スノーボードに明け暮れた10年。そして岩に夢中な現在。ボルダリング歴たぶん5年。(ブログ開始時)過去のデーターからいうとあと5年くらいか…。次はビックウォールに移行予定…。

訪れた岩場
瓢、恵那笠置、下呂、馬瀬、豊田、三重宮川、三重一之瀬、御岳、カノト、小川山、瑞牆、白州、京都笠置、鳳来、屋久島、鹿児島金峰山、四国、坊抱、甲府幕岩、フォンテーヌブロー、ビショップ、その他ローカルエリアetc...

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示