主に岩登り+建築+旅
日曜日、釈迦秋と称名滝Pへ。
雑穀からすぐだった(^_^)
称名滝とハンノキ滝を眺めて登山口を7:10頃出発。
この滝を登るとかマジでスゲーっす…。
牛ノ首までは急登だったけど歩きやすく快適だった。
その後、勾配は緩くなり木道が整備され天気も眺望も良く気持ち良かった。
IMG_5473_convert_20160712165637.jpg
あっとゆう間に大日平山荘に到着。
山荘裏にある不動滝を眺めて小休止。
いゃ〜前回山行きが悪天候だったんでホント絶好調!
相方釈迦秋も屁をこきまくって絶好調!
大日平から大日小屋までが想像より長かった。
IMG_5476_convert_20160712165708.jpg
大日岳山頂には10:50。
山頂で昼食を食べて休んだのち奥大日岳には12:45に着いた。
IMG_5477_convert_20160712165731.jpg
天気も良いし体力的にも余裕あったしピストン予定を変更。
室堂まで縦走し一部バス利用し八郎坂から称名滝Pに戻る事にした。
室堂までは多少のアップダウンはあるものの
眺望良くて疲労感もなかった。
ただ地獄谷から吹き上がる火山ガスは臭いが強烈だった。
それに比べたら釈迦秋の屁はまぁ許せた。
室堂には14:55に着いた。
IMG_5482_convert_20160712165811.jpg
昨年早月から劔岳を登って立山を見たけど、大日連山側や室堂側から見る立山は比べ物にならないくらいカッコ良かった。近々、立山三山縦走をする事を決意。
バスまで時間あってソフトクリーム食べようとしたら、15時で受付終了…。数分くらい融通きかせてよorz
かわりにコーラガブ飲みして腹を満たした。
バスに乗って下ると雲の中に入った。
運転手さんの計らいで弘法バス停をスルーして八郎坂口で降ろしてくれた。
八郎坂口16:10出発。急坂で湿度高く岩はツルツルだしスリップ連発し一回マジ転けしたorz
横目に称名滝を見ながら下った。
IMG_5489_convert_20160712165843.jpg
マジでこの滝登るとか考えられない…。16:50に下山。

せっかくだし称名滝の展望台までいった。
間近でオブザベしたけどラインは全く想像つかず。
ホント沢屋を尊敬します。
最後に釈迦秋は林道に流れ出る水でカラダを清めていた。
IMG_5497_convert_20160712165909.jpg
天気に恵まれ眺望も良くて最高の山行きとなりました。

「称名滝P〜大日連山縦走〜室堂〜バス移動〜八郎坂〜称名滝P。歩いた距離約20キロ。タイム7:15〜16:55。」

夕飯は吉平でチャーシュー麺食べようとしたらこの日も売り切れだった。
次回こそは食べたいな〜。
楽今日館で温泉入って帰高。


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 あしたやろーはバカヤロー all rights reserved.
プロフィール

&

Author:&
2008年ボルダリング開始。
(途中1年間休止)
当時近隣に商業ジムはなく瓢育ち。

サッカーに夢中な小中高の10年。その後スノーボードに明け暮れた10年。そして岩に夢中な現在。ボルダリング歴たぶん5年。(ブログ開始時)過去のデーターからいうとあと5年くらいか…。次はビックウォールに移行予定…。

訪れた岩場
瓢、恵那笠置、下呂、馬瀬、豊田、三重宮川、三重一之瀬、御岳、カノト、小川山、瑞牆、白州、京都笠置、鳳来、屋久島、鹿児島金峰山、四国、坊抱、甲府幕岩、フォンテーヌブロー、ビショップ、その他ローカルエリアetc...

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示