主に岩登り+建築+旅
「夕方の数トライだけでもいいんで雨予報でも行きましょう」とやる気のフナッシーと小川山へ。
道中もずーっとじゃじゃ降り。小川山もじゃじゃ降り…。フナッシーはそれでも岩を見に車から降りて行った。
小一時間して戻って来て第一声は「イメトレ完璧っす」っと真顔で言った。
IMG_2013_convert_20170411080504.jpg
正午近くまで車内で待機するも止む気配がないので、E&S諏訪にいこうと移動。どうせなら白州の岩見てからいこうと釈迦秋に電話。場所を聞き到着。
なんと、青空でてきて良い風吹いていた。
これは、暫くしたら登れるようになるだろうとマット持って白州ドリームタイムの岩へ。

*メインの岩から白州ドリームタイムの岩に向かう林道に大きな落石あり車は通行困難。さらに落ちそうな岩が数多く見受けられたので注意が必要だと思います

湿気っていたけど出来そうな雰囲気になってきたんでアップなしでトライ開始。2人とも瞬登。
IMG_2030_convert_20170411080521.jpg
↑本家ドリームタイムらしいところ⁉︎をランジするフナッシー。

その後左からトラバースする三段があるらしくやってみた。ムーブは解決したけど序盤のホールドが安定してなくてポロポロかけた。限定あるっぽいし釈然としなかったんで程々にした。
あまりにも良い風吹くんでもう一度小川山へ戻ることにした。
結構とばして17時前に着いた。すると一台の車が。U草さんがいた!
不可能スラブは乾きは完全ではないけどトライ可能なまでになっていた。
日没まで約1時間、不眠症DAY2。
下部が半乾きで必要以上に力入ってしまった。ん〜そんなに甘くはなかった。結局前回よりダメだった。まぁ仕方ないと納得させた。

そして日没間近、
ラストトライでフナッシー伴奏者完登!!
前のトライで危ない落ち方してケツ流血してたんでメンタルやられてたけど、集中力と気合で乗り切った。ほんと素晴らしかった。
IMG_2039_convert_20170411080541.jpg
↑最近ケツばかり怪我をするフナッシー
夕方のワンチャンスをモノにするまでの過程を見ていたし、恐怖に打ち勝つ瞬間をカメラに収めながら、僕らの目指しているのはこういうクライミングなんだと改めて感じた。
IMG_2055_-_バージョン_2_convert_20170411080557
↑ISOはMAX16000 肉眼では私にはスタンス見えないくらい暗かった


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 あしたやろーはバカヤロー all rights reserved.
プロフィール

&

Author:&
2008年ボルダリング開始。
(途中1年間休止)
当時近隣に商業ジムはなく瓢育ち。

サッカーに夢中な小中高の10年。その後スノーボードに明け暮れた10年。そして岩に夢中な現在。ボルダリング歴たぶん5年。(ブログ開始時)過去のデーターからいうとあと5年くらいか…。次はビックウォールに移行予定…。

訪れた岩場
瓢、恵那笠置、下呂、馬瀬、豊田、三重宮川、三重一之瀬、御岳、カノト、小川山、瑞牆、白州、京都笠置、鳳来、屋久島、鹿児島金峰山、四国、坊抱、甲府幕岩、フォンテーヌブロー、ビショップ、その他ローカルエリアetc...

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示