主に岩登り+建築+旅
釈迦秋と錫杖岳へ。
駐車場で合流しギアの整理をして笠ヶ岳登山口を6時発。
アプローチは2時間ちょいかかった。
荷物も重いしなかなかキツかった。
注文の多い料理店の取付きにはすでに1パーティがいた。
IMG_7448_convert_20170916184441.jpg
1ピッチ目を登る前のパーティ

1時間半程待ち、10時過ぎに登攀開始。
登る事自体は難しい所は無かったけど、バックロープ引いたり、ギアが重かったり、渋滞してたりで、なかなかペースは上がらずだった。
IMG_7433_convert_20170916183625.jpg
天気良いし気持ち良いし特に急いで登っても仕方ないのでゆっくり楽しんだ。
IMG_7399_convert_20170916183539.jpg
渋滞待ち中の相方

奇数ピッチをリードしたけど、5ピッチ目の上部はルートが分かりづらかった。
草付きや脆いスラブをかなりランナウトした。
5ピッチ目の終了点で懸垂下降の人と重なった。
そこで落石の恐怖を初めて経験した。
顔のすぐ横だったしゾッとした((((;゚Д゚)))))))
最終ピッチを登ると懸垂待ちが2パーティいた。
笠槍穂高連峰は雲の中。
IMG_7408_convert_20170916183555.jpg
眺望は残念だったけど暫し休憩。3時過ぎに懸垂開始。
早速、ロープ絡まったり、引っかかったりしたけど何とか次の懸垂ポイントへ。
その後はスムーズに懸垂し無事取付きに戻った。
霧の中での懸垂はなかなか幻想的だった。
IMG_7416_convert_20170916183609.jpg
IMG_7412_convert_20170916202250.jpg

車には6時半過ぎに着いた。
結局12時間行動だったしすんごい疲労感だった。
下山時は膝がやばかった。今年登山してないからなのか足が弱ってるのを痛感した。

昨年本峰登山した時岩壁を眺め、スケールの大きさに衝撃を受けた。
なぜ地元にいながらしかもクライミングをやっているのにも関わらずこれまで錫杖に行かなかったのか。っと悔しさを感じた。あの日二人で来年はマルチで来ようと誓ったのが懐かしい。
この一年で最低限のことは準備してきた。
そもそも昨年まではリードすらやってなかったんで、先ずはギアを揃える事からだった。
今年に入ってクラックも積極的にやって、小川山でマルチを何回か経験したけど、マルチ初心者同士だし正直不安要素ありまくりだった。反省点も多かったけど、少し自信がついたというのが正直なところ。
次の錫杖マルチに向けて反省点を改善して次に備えたいが、有難いことに本業が忙しく時間取れるか核心だなー。
まぁーそう言っときながら天気安定してたら行っちゃうんだろうけどね〜…(笑)


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 あしたやろーはバカヤロー all rights reserved.
プロフィール

&

Author:&
2008年ボルダリング開始。
(途中1年間休止)
当時近隣に商業ジムはなく瓢育ち。

サッカーに夢中な小中高の10年。その後スノーボードに明け暮れた10年。そして岩に夢中な現在。ボルダリング歴たぶん5年。(ブログ開始時)過去のデーターからいうとあと5年くらいか…。次はビックウォールに移行予定…。

訪れた岩場
瓢、恵那笠置、下呂、馬瀬、豊田、三重宮川、三重一之瀬、御岳、カノト、小川山、瑞牆、白州、京都笠置、鳳来、屋久島、鹿児島金峰山、四国、坊抱、甲府幕岩、フォンテーヌブロー、ビショップ、その他ローカルエリアetc...

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示